新人教育

新 人 教 育

1年間の新人研修、
 より高いサービスの為に

弊社では、より高品質なサービスをお客様に提供するために、システム開発が未経験である新人でも充分に働くことができるよう、1年間に渡る新人研修体制を整えています。

入社前研修     

内定者はまず、任意の期間で入社前研修を受けていただきます。
この研修では、現場でよく使用される4種のツールの基礎的な使い方から学び始め、実務で実際に使用する際に役にたつような専門的な操作スキルを身につけて行きます。

4月~7月     

入社後に最初に行う研修は、社会人として必要なマナー研修です。
新入社員であっても、その行動はお客様に対する会社としてのサービスとなるため、最優先でビジネスマナー、ビジネスルールの教育を行っています。

コンピュータ研修やプログラミングの基礎は、4月中旬頃から始まります。
入出力装置やオペレーティングシステム、ネットワーク、データベース等について、最新の情報を網羅しつつ体系的に学びます。
また、同時期にプログラムを組むにあたり重要となる「論理的な物事の分析、組み立て方」について学びます。

6月から7月にかけては、基礎で培った思考を実践に移します。
COBOLやJava等のプログラミング言語を、個人の進捗に合わせ丁寧に教えていきます。

8月~9月    

4ヶ月の基礎研修を経て、8月からは現場に仮配属されます。
この期間で、現場で取り扱うソフトウェアの研修を行い、より実践に即した技術を身に付けます。

この期間は、現場で最も年次の近い先輩が側に付き丁寧に指導を行います。
先輩SEの指導の下で学ぶことは技術だけではありません。システムを使うお客様のこと、SEとしての心構え、仕事の大切さ等、たくさんのことを学ぶことができます。

10月以降    

10月からは、仮配属先の案件に携わります。
会社の一員としての責務がある一方、わからないことはまだ多いと思います。

そのため、弊社では10月から3年間はトレーナー制度期間を取り入れています。
トレーナー制度とは、入社3年目以降の先輩が新人の指導担当として付き教育を行う制度です。日頃から先輩とコミュニケーションをとることで、相談しやすい環境を作ります。